目指せ不労所得!FXスワップポイントで稼ぐ方法

FXスワップポイントで稼ぐ

FXのスワッップポイント狙いの投資とは?

スワップポイントで稼ぐとは、2国間の金利差に応じたFX会社からのスワップポイントを毎日コツコツもらいながら為替差損益とは別に利益を出そうという考え方です。

通常の為替差益を狙うトレードではスキャルピングやデイトレードといった短期売買や、中長期でのトレードがありますが、どれも未来の値動きを予測して予想通りに行けば利益確定、予想がはずれたら損切り、といったようにかなり熟練した相場勘が無ければ勝ち続けるのは不可能なものです。

 

一方スワップポイントを狙ったトレードでは高金利な通貨を買って持ち続ければ毎日勝手に収益が貯まっていく仕組みなので、初心者の方でもレバレッジやロスカットのルールさえ理解していれば簡単に参加できます。

 

現在の日本の金利は0水準ですので他の外貨を買えばほとんどの通貨でスワップポイントはプラスになります。さらに特に高金利な新興国の通貨を選べばもらえるスワップポイントも高額になります。

 

 

FXスワップポイント狙いのメリット・デメリットついて解説

まず一つメリットとしては前述したように買って放置するだけなので手間がかからない点です。毎日何時間もチャートとにらめっこせずとも寝て起きたらスワップポイントがついています。時間のないサラリーマンにはぴったりです。

次に銀行の定期預金や外貨預金とは違いFXではレバレッジがかけられる点です。レバレッジとはてこの原理を意味し、最大で自分の資金の25倍まで動かすことができます。当然スワップポイントもレバレッジをかけた分だけつきます。少ない資金で効率良く投資できるのです。

 

しかしデメリットもあります。
金利の高い新興国通貨には特有の政治的リスクや治安リスクが付き物です。通貨自体が売られやすく下落しやすい傾向にあります。そして世界情勢が悪化した場合には安全資産とされる円やドルが買われ、新興国通貨は真っ先に売られるのです。

そうなった場合毎日コツコツ貯めたスワップポイントを越える為替差損にみまわれることも少なくありません。レバレッジをかけすぎていれば最悪ロスカットという結果を招きかねません。

 

スワップ狙いの投資をする上で一番大事なのは為替の値動きに一喜一憂せず低レバレッジでどっしりとかまえることです。資金管理を徹底してレバレッジ2倍から3倍に抑えれば、大きな下落にも耐えられます。

そして最大のメリットは長期保有して一定の期間が経過すると為替が0円になってもロスカットにならないという現象が起きるということです。
例えば現在高金利通貨で人気のトルコリラは1万通貨辺り1日100円、1年で36500円程度のスワップポイントがつきます。そして現在は1リラ22円前後で水位しています。

 

仮に資金22万円、レバレッジ1倍で1万通貨保有した場合約6年で投資資金の22万円分のスワップポイントがつく計算になります。22万円を回収できてしまえばあとはリスクゼロで毎日100円をもらうだけになるのです。これを220万円、レバレッジ2倍で行ったとするとリスクゼロで毎日2000円の不労所得ということになります。

 

 

FXスワップポイント狙いで人気の通貨

人気の通貨は前述したトルコリラの他に南アフリカランド、メキシコペソなどがあります。注意点として南アフリカランドやメキシコペソのスワップポイントは大抵のFX会社で表示価格が150円前後となっていますが、これは10万通貨辺りになります。1万通貨に直すと15円前後となります。

先程トルコリラで説明したリスクゼロの年数は、南アフリカランドで約15年、メキシコペソで約11年となります。
為替の値動きに左右されずにスワップ長期投資を成功させるならトルコリラがおすすめです。