【銀行系カードローン】・【消費者金融系カードローン】どう違う?

銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンの違いについてですが、お金を借りるという観点からすると大した違いは無いかと思われます。ただ、細かいサービスなど、結構違いがあります。契約出来る事が大事だとは思いますが、同じ契約するなら、出来れば銀行系のカードローンをオススメします。

その理由が、そのまま銀行系と消費者金融系の違いになるとは思うのですが、どちらが良いかはその人それぞれ違うと思うので、自分に合う方を選んで頂きたいです。

銀行系と消費者金融系の違いですが、おそらく一番の違いは借り入れ金の限度額だと思います。消費者金融は、年収の3分の1までという法律上の決まりがありますが、銀行系のカードローンは基本的にはそれは適応外なので、年収の3分の1以上の借り入れが可能です。それから、借り入れ金額にもよりますが、銀行系のカードローンの方が金利も多少は低いようです。

それだけでも銀行系のカードローンの方が良い訳ですが、ATMの手数料もその銀行のATMなら無料なので、お得と言うか損は無いです。ですがモビットなどは三井住友銀行グループなので、 三井住友銀行のATMなら無料ですので必ずしも銀行系の方がお得と言う訳では無いです。

それから、カードローンの契約には必ず審査がある訳ですが、どちらかと言うと銀行系の方が厳しい様です。ただ、それほどの違いは無いかと思うので、自分に合う方を選んで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする