【カードローン】返済できない時どうすればいい?

借金の返済ができなくなると、そのままの状態で放置しがちですが、その結果、電話がかかってきたり催促状が届くようになります。

電話は、最初のうちこそ金融機関からとわからないようにかけてきてくれるものの、いつまでも連絡が取れないことで、金融機関からのものであることを話されてしまいます。その心配がある人は、早めに電話に応じましょう。

電話にも反応がないと、催促状が自宅に届くようになります。一人暮らしの人は誰にも知られる心配はありませんが、家族と住んでいる人は一発でばれてしまいます。

通常であれば、この段階で何らかのアクションをとる方がほとんどになりますが、それでも応じない場合には取り立てや裁判に移行していきます。

取り立てというと、大声を出されるなどのイメージがありますが、通常の金融機関では法律を守り冷静に対処していきます。この時点で金融機関の求めに応じ、今後のことを話し合うことで、返済に関する悩みも解消できる可能性がありますが、それにも対応しない場合には、給料の差し押さえが行われることになります。

最終的に返済できないでいると、カードローンを利用できなくなるうえ、個人信用情報にも記載され、今後の生活にも大きな影響が出てきてしまいます。どうしても返せそうにない時には、利用している金融機関に早めに相談を行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする