カードローンで借りるのに【保証人】って必要?

カードローンでお金を借りる場合、原則として保証人は必要ありません。
一般の人が、比較的小額のお金を借りるために利用するカードローンにおいては保証人や担保などを求められることは、まずありません。

あくまでも、審査によって申し込みを行う人の職業や年収、今から申し込もうとしているローン以外に借り入れがないかどうか、ということを見て総合的に判断します。

ちなみに、他に借り入れがないかどうかというのは、クレジットカードのキャッシングでいくら借り入れをしているかも含まれますが、多くの場合、クレジットカードのショッピング枠についてはこの審査には関係ないことが多いので、ショッピング枠でリボ払いなどで支払い残高が多くなっている場合でも、問題なく借りれる場合も多くあります。

保証人が不要な理由は、多くのカードローン会社が、その会社自体が保証会社としての機能を持っていることによります。

つまり、わざわざ保証人をたてなくても、自社そのものに保証機能を持たせているので、特に必要がないということなのです。

なお、銀行系カードローンの場合は、自社が保証会社でなくても、保証会社への委託を行っていることが多いため、結果的に保証人は不要ということになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする