カードローン【金利】ってどのくらい?10万円借りた場合(銀行系・消費者金融系)

カードローンでキャッシングをしたいと思っても、金利って気になりますよね。例えば10万円借りた場合の月の金利についてお話しましょう。

利用する銀行や消費者金融で金利差はありますけど、10万円の借金にかかる利率は利用する金融会社で違ってきます。銀行だと14%~15%、消費者金融だと15%~18%という感じですね。一部の銀行カードローンだと13%以下のものもありますけね。ややこしいので14%に統一して話を進めます。

年利14%というのは10万円借りると一年で14%の利子、つまり1万4000円の利子がつくということです。1年は12ヶ月ですから、1万4000円を12で割ると1166円。つまり月1200円の金利がつくだけです。

一ヶ月当たりの利子は1200円・・・少ないと感じるでしょう。
でもこれは利子だけの話です。元金を返していませんから、一生払い続けなければなりません。ということで、普通は利子と一緒に元金の返却をしていくこととなります。

ここで気をつけて欲しいのは返済期間をどれぐらいにするか・・です。

例えば年利14%で10万円を借入し、1年(12回払いでボーナス返済無し)で返済するとなると、一ヶ月8978円の返済となります。これだと利子と元金を返済してるので、一年で支払いは完了。元金が減れば利息も減ります。
もしこの返済シミュレーション通りに一年で返済すれば、返済総額は10万7736円です。

毎月1万円近くの返済はキツイ・・という人なら返済期間を延ばすことも可能です。例えば返済期間を2年とすれば、毎月の返済額は4801円となります。その代わり二年分の利息がかかることとなり、総返済額は11万5224円です。

返済期間を長くすれば毎月の支払い金額は楽になります。

しかしその分利子は多くつくこととなり、返済総額は増えてしまいますので、返済期間にはお気をつけください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする