カードローンの【審査】ってどんな事を審査されるの?

カードローンに申し込みをすると審査が行われますが、落ちてしまう可能性もあるので不安を感じてしまう人も少なくないでしょう。そこでカードローンの審査はどのような点を確認していくのか見ていく事にしましょう。

・月々に一定の収入を得ている

カードローンは20歳以上で安定した収入がある人という利用条件があるので審査では安定した収入があるかどうかをしっかり確認します。収入が多ければ収入が安定いていると思われがちですが、無収入の時期があると不安に思ってしまうのでカードローンの審査では月々に一定の収入を得ている点を重視します。月々に10万円以上の収入を得ている点を目安に審査をする事が多いです。

・他社からの借入件数が3件以下

安定した収入があれば返済能力があるのでカードローンの審査が可決される事が多いですが、他社からの借り入れがあると返済が困難になる可能性があります。それでカードローンの審査では他社からの借入件数を確認して3件以上あると落ちてしまいます。カードローンの審査では他社からの借入件数を確認するので最低でも3件以下にしておく必要があります。

・勤続年数が1年以上

カードローンの審査では勤続年数を重視する事が多いです。勤続年数はカードローンの利用にあまり関係ないと思われがちですが、今後も仕事を続けて収入が安定し続けるのかを判断材料にしています。それで勤続年数が長ければ今後も仕事を続けていくと判断されて審査が有利になります。勤続年数は1年以上が審査の可決の目安で1年未満の人は落ちてしまう可能性が高くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする