【FX取引】レバレッジとは?分かり易く解説

レバレッジとは、「てこ」を意味する言葉で、少ない証拠金で大きな取引が可能になります。レバレッジは、FX取引の大きな特徴です。FX取引を行う場合には、FX取引業者に証拠金を入れて、そのお金で取引をします。

10万円の証拠金であれば10万円分の取引しかできないのが普通ですが、FXの場合はこれにレバレッジをかけることではるかに大きな金額で取引ができるのです。レバレッジが25倍であれば、10万円の証拠金で250万円の取引ができることになります。
つまり、少ない額の投資で大きなリターンが期待できるわけです。

例えば10万円の取引で1万円の利益が出た場合、250万円の取引であれば25万円の利益が出ることになります。証拠金は10万円しか入れていないのに、実際には250万円の取引を行っているからです。しかし注意しなければいけないのは、当然ですがリターンが大きい分、同じ額の損失を出す可能性もあります。とてもリスクが高いものになります。

FX取引では大きな損失を出さないためのリスク管理が非常に重要です。FX取引業者では、証拠金の維持率が低くなると自動的に強制決済を行うシステムを導入しています。そのため、余程のことがない限り証拠金を超えた額の損失を出してしまうようなことはありません。

但し、何か大きな出来事があって急激な相場の変化が起こった場合に、強制決済が間に合わなくなるリスクもないとは言い切れません。自分自身でもロスカットラインを決めてそれを守ることで、損失が大きくならないようにすることもFX取引では必要です。また、決済をしたくないのに強制決済されてしまうこともあります。

少ない証拠金で高レバレッジをかけているとすぐに証拠金が不足し強制決済の可能性があるため、そうならないようにしたい場合は余裕を持った証拠金を入れておくことが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする