【FX取引】どうやって利益を出すの?どういう仕組み?

FX取引とはどう言った仕組みで利益を生むのかですが、FXの証券会社が実際に外国為替の通貨を手数料をかけて購入します。そこでスワップ金利と言う利息が毎日加算されて良く言われる円安や円高と言う言葉を耳にした事があると思いますが、これが正に日本円が外国の方から購入されるとそれだけ円の価値が高まります。

逆に他国の通過が価値があると考えられたら円が売られそこで円安水準となります。こうした円と外国の通貨の差によりチャートなどで売り買いが行われますが、安くその通貨を購入して高く売却すると言った状況で買った時と売った時の差が利益となります。

それにプラスしてそれまでにその通貨ポジションを持っている期間によってスワップ金利が付くのでそれも利益となります。しかしFXの為替を購入する時に証券会社に手数料を支払う部分があればそれは利益から取っていかれますので、その辺りも差し引きされていくら上がったのかそこを考慮する必要があります。通貨もアメリカのドルからオーストラリアのドルやカナダのドルなどイギリスのポンドやヨーロッパのユーロ圏で使用される通過のユーロなど様々あります。

安定的に通貨の取引が行われる所ではスワップポイントも低くなりますが、逆に先進国など例えば中国やブラジルや南アフリカやトルコなどの通貨の取引が行える証券会社であれば、そこでのスワップ金利は年利15%や20%と言った高額の利息が付きます。そこを狙って取引するのもまた一つ利益を生むポイントになりそうです。

しかし新興国の通貨は安定性がない為、購入した金額が上下に変動してその部分で高く買って安く売ったりすると損をするので注意が必要です。こうしたFX通貨も証券会社が買い付けして手数料をもらい運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする