【FX取引】スワップポイントとは?目指せ夢の金利生活

FX スワップポイント

FXスワップポイントについて解説!

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、FXで得られる利益のひとつで、外貨預金でいう、いわば利息の様なものです。FXは低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、その金利差にあたるスワップポイントを受けることができます。通貨にはそれぞれの国が定めた金利があり、日本ならば、金利は年0.5%。つまり、1年間保有すると0.5%の利子がつくわけです。一方、米ドルなら2.0%、ユーロは4.0%、豪ドルは7.25%、南アフリカランドはなんと11.5%。これだけ、国によって金利の差があるのです。

このような2通貨間の金利差をスワップポイントといい、FXでは、低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買い、そのポジションを維持すると、維持した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができます。

日本円と米ドルを例にたとえると、米ドルと日本円との金利差は1.5%です。1万ドルの買いポジションを1年間維持すると、15,000円の金利差を受け取れるわけです。金利の高い通貨を買って、持ち続けるだけでスワップポイントが入ってくるので、スワップポイントでの利益を狙って投資する人もいるのです。

また、スワップポイントは、ポジションを維持した日数分もらえます。毎日決まった時間に加算され、ポジションを持ったままその時間を経過すると、その日のスワップポイントが加算されます。これは、満期にならないと金利がプラスされない外貨預金とは違い、毎日スワップポイントを受け取れるのがFXの魅力のひとつでもあります。

但し、スワップポイントは低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買えば、その金利差がもらえるわけですが、逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買い、そのポジションを持っていると、スワップポイントを支払わなくてはなりません。たとえば、外貨を売りから入って、円を買う場合などは、スワップポイントを支払うことになるのです。

日本の場合ですと低金利なので、FXで外貨の買いポジションを持っているだけでスワップポイントが入ってくることになります。これはFXの大きなメリットのひとつといえます。

為替FX取引のスワップポイント

スワップに向く外貨

初めてのFX、コツコツとスワップで利益を得たい時に適した通貨は何種類かあります。FXで取り扱っている通貨は会社によって違いますがかなり種類が豊富です。米ドル、英ポンド、ユーロ、オーストラリアドル、カナダドル、ニュージーランドドルなどが一般的です。他にもトルコリラ、南アフリカランドなど多岐に渡ります。

まず選ぶべきは、高金利通貨です。金利が高い通貨ほどスワップ金利が高くなるからです。豪ドル、NZドルは高金利通貨なのでこの条件に合致します。ただ、変動幅の大きい通貨を買い込むと為替の差損が無視できないものになりかねないという危険が発生します。また、市場の情報が入りにくい国の通貨を買うと、予想もしなかった国内情勢などで為替が大変動を起こす危険性が見逃せず、上級者向けの通貨といえます。

FX初心者にお勧めの通貨は米ドルです。米ドルは世界の基軸通貨で世界の通貨に与える影響も大きく、政治や経済の情報も入手しやすいです。スワップポイントはといえば、高金利というほどではありませんがある程度は入ります。米ドル、豪ドル、NZドルはある程度金利が高く、ある程度は情報量があるのでスワップ派の初心者に向いています。

実際には、FXではスワップ金利を狙う時も複数の外貨を組み合わせて持っているべきです。急な変動が起きても耐えられるよう、一国だけの外貨を持たずに複数の種類の外貨を保有しましょう。

スワップ金利の高い国の問題点

低金利通貨を売って高金利通貨を買うことが、スワップ金利を手に入れる基本です。国の金利が変わらない限り、スワップポイントに大きな変化ありません。金利差によって発生するのがスワップポイントだからです。私たちはほとんど日本円を売って外貨を買いますから、日本円の金利が上がればどの通貨のスワップ金利も減ることになります。

スワップポイントを利用して一定の年利を計算していても、突然の金利の引き上げなどで日本と他国間の金利差が変われば、そこで先々の計画が変わってしまいます。また、高金利通貨でさえあればそれでいいのかというと、そううまくはいきません。金利の高い国には金利の高いなりの理由があります。成長性の高さの他にも金利の高くなる理由があるのです。投機対象国の危険度を表すカントリーリスクの高い国、インフレ率が高く実際の貨幣価値は下がり気味の通貨の場合も考えられます。インフレの激しい国は貨幣価値自体が下がりやすいので、必然的に円高になって差損がふくらむ危険が出てきます。

加えて、いくら高金利通貨でもマーケットに流通する貨幣の総量が少ないと、ちょっとしたことで為替が変動します。つまり、為替レートの変動はむしろ少なく、安定している通貨を探さなくてはなりません。FXにおいて、確かに外貨を保有してさえいれば何もしなくても毎日スワップポイントは入りますが、やはり最低限のリスク管理はしておきましょう。そして、このスワップポイントを何のために増やすのか、最終的にどのくらいにしたいのか、運用のコンセプトをしっかりかんがえておきましょう。

夢の金利生活!目指せスワップ長者

スワップ益だけで日々の生活が可能ならいいな、という人は少なからず存在します。FXで外貨を保有するだけで生活費を稼ぎたいという人は多いのですが、実現可能なプランはあるでしょうか。FXを運用している人の中には、スワップ派と呼ばれる人たちがいます。値動きによって発生する含み益や含み損に左右されず、スワップポイントを貯め続けるものです。

例えば、米ドルを2万ドル買います。長期の相場変動に耐えうるよう、資産は大めに入れます。スワップ金利を160円とすると毎日320円、毎月9,600円の収入が入ります。ただし長期保有を想定する際に避けるべきことは、含み損が大きくなりすぎて発生するロスカットです。対策としては、資産を多めに入れて1ドル=90円程度まで落ちても大丈夫にしておきます。相場の変動がどこまで起きうるかは人によっても意見が分かれるところですが、方針はあらかじめ立てておくべきです。

FXでは資金額を増やし、外貨を買う量を増やすことでスワップ金利を増やすことができます。ゆくゆくは毎月1万円ではなく毎日1万円ずつのスワップ金利を増やす。まとまった元手があれば、スワップポイントだけでまとまった収入が手にはいるのです。

スワップ金利向きの取引業者

FXの取引業者を選定するに当たっては、スワップ狙いならばスワップ狙いに適した業者を捜しましょう。何よりもまず、FXでは信用できる業者を選ぶことが肝心です。長いスパンで運用を考えるなら、業者も長く続くところでなければ話になりません。そのため運用成績のいい、将来にわたって潰れなさそうな取引業者を選びます。

自己資産を守るためにも、信託保全のあるところにしましょう。銀行に信託保全として預託金が預けられていれば、最低限の保証は信用できます。FX業者にトラブルが生じても、預託金は銀行にあるため自己資産の引き出しができるわけです。スワップポイントがメインなのですから、スワップポイントの高いFX業者を選びます。

スワップの値はそれぞれ違うので、要注意です。1円2円の差でも、長期運用で毎日積み重ねることを前提に考えるならば見逃せません。スワップを積み重ねる長期運用向きの運用をしたい人に向くところは、外為どっとこむやセントラル短資オンライントレード、くりっく365等々になります。税制優遇のあるくりっく365は、他のFXにない強みがあり後々差益が大きくなった時に影響が大きいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする