【外国為替取引】FXとは何ですか?

FXという名前はよく知られていると言っても良いわけですが実際にはどんなものであるのかといいますと、まず当然、とある英語の略になります。ForeignExchangeの英略となります。外国為替証拠金取引、と言うことであり、単純に行ってしまいますとそれは円とかドルとかポンド、ユーロなどの外国為替のと取引をする事によって利益を出そうとするものになります。

元々は変動するリスクを避けるために外貨を確保しておく方法の一つであったのですが相場というものが立ちますとそこに必ず投機という行動が伴うものです。証拠金取引というのは要するにレバレッジ取引のことであり、証拠金を入れておくことによって、自己資金の何倍ものお取引をすることができるというのが最大の魅力となっています。

基本的にインターネットで取引をする事になります。最近ではスマートフォンなどからでも簡単に取引ができるようになってきましたので主婦などが片手間に、ということも増えています。レバレッジというのは何倍もの取引ができるわけですが、日本国内では25倍までが限界になっています。以前は100倍と言うところもあったりしたのですがさすがに規制が入り今では25倍ということが限界になっています。ただしこれはさらに下がることも予想されています。

海外のFX業者はもっと高いレバレッジで運用する事も可能で、国内のレバレッジでは満足できない方で利用する方も増えていますが、リスクが高いですから注意したほうがよいでしょう。為替は上がったり下がったりするわけですが、当然、価値が上がる、下がると言う事になりますから、下がるときには売りから入る、ということになります。取引に柔軟性がある事も魅力の一つとなっているわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする