【株取引】ネット証券のメリット・デメリット解説

株のネット証券について解説

株ネット証券のメリット

ネット株を扱っている商品やサービスは、ネット証券各社によって少しずつ違います。売買委託手数料の安さが最も注目される点ですが、その他にも取引画面の操作のしやすさや、初心者向けのサービスなどで差をつけようとしています。サービス内容を確認し有効に使いこなすことも大事です。株取引の最新情報が随時掲載されるだけでなく、ネット株の証券会社はホームページ上で楽しい読み物から鋭い分析、用語解説なども掲載しています。

個別企業の業績情報、時事ニュース、アナリストのレポート、企業分析レポートなど様々などがあります。初心者を対象とした案内的な読み物もあります。携帯電話のメールサービスとして、設定した株価になると通知がいくようにしておくこともできます。保有中の株の情報と損益がわかりやすいように管理するツールや、資産履歴や取引履歴の管理画面はネット株による取引を快適なものにしてくれます。ネット株特有のポイントサービスのあるところもあります。

貯まったポイントはクレジットカードなどに現金化したり、証券会社の用意した景品に交換できたり、他のポイントに換金できるところもあります。実際に使ってみないと便利さがわからないサービスもありますので、無料ならばまず口座を開設してみるのもいいです。ネット株取引をするなら、口座は一つではなくリスク分散のために幾つかの用意した方がいいので、積極的に色々試してみましょう。

ネット証券のデメリット

いいところばかりのようなネット株ですが、注意しなければならない点もあります。ネット株ならではのデメリットはあり、いつどんなところからでも取引ができるというネット株の便利さと背中合わせに存在しています。初めてネット株をはじめる人であればなおさら、危険性を認識してリスクを避けた取引を心がけましょう。ネット株のメリットとしてよく言われることは、取引の流れをコンピューターが行うことです。ですが、証券会社のコンピューターが動かなくなると、一切の注文を処理できなくなってしまうのです。ネット株の取引操作は難しいものではありませんが、その簡単さによって注文のうっかりミスなども初心者のうちはやってしまいがちです。

処理が可能な数字である限り、通常ではありえないような注文でもコンピューターはそのまま処理し、即座に実行します。確認画面段階で間違いに気づけることができれば問題はありませんが、確認画面の操作もシンプルです。違和感を感じつつもいつも通りに取引注文を出していたら、はっと気づいた時には全てが終わっていたということも。画面の前で自分1人で取引操作を最後まで可能なことは、お金を動かしているという感覚がなくなりがちです。ともするとゲーム感覚で気楽にネット株の売買をしてしまいがちです。ネット株の売買はしっかりと自覚を持って行いたいものです。

バーチチャルでシュミレーションする事も可能

仮想の資金を使って、実際の株相場を見ながらデモ取引ができるシミュレーションがあります。ネット株の取引にはまとまった資産が必要ですが、練習の段階で取り返しのつかない失敗をして資産を失ってしまったら元も子もありません。ですが、本で読み人から話を聞くだけではピンとこないこともあり、実際に体験することは非常に大事です。ネット株取引には興味はあるけれど、何からどう知識を得ていけばいいかわからない人にとってもこの体験は指針になります。デモ取引でネット株を経験することは、そういった人たちにもお勧めなのです。

実際の株価を使い、あらかじめもらえる架空のお金を使ってトレードの疑似体験をする株売買の練習です。現実では到底実行できないような大きな取引を楽しんでもいいですし、本番のつもりで真剣勝負に挑んでもいいでしょう。資産を0にすることを目指しても面白いでしょう。無料で自由に参加できるネット株のシミュレーション。

一定期間内に資産を増やす競争をしている会社もありますので、腕を競い合うこともできます。実際の口座とほぼ同じ操作画面を使っている証券会社も多いです。入門編としてここでネット株の売買画面の使い勝手をチェックしたり、勘違いや間違いやすい箇所を自覚しておくこともできます。仮想世界で資産を失っても怖くはありませんから、積極的に試してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする