【初心者用】株取引の始め方!ネット証券を口座開設して取引スタート

株取引の始め方

株ネット証券の魅力

家にいながら株の売買ができるネット株の取引量が、最近とても増加しています。ネット株は、平日の昼間は仕事などで忙しく、株式市場の開いている時間に証券会社の窓口まで行くなんてとても無理という人でも大丈夫です。自宅にいながら注文が可能なこの方法がお勧めです。インターネットによる株取引はオンライントレード、またはホームトレードと呼ばれています。きっかけは1999年に売買委託手数料が自由化されたことで、ネット株の取引で株式を運用する人は年々増加しました。

利用者の増加に伴い、証券会社側も便利なネット株取引を打ち出しています。ネット株での取引はわざわざ証券会社の窓口まで行かずとも取引ができること、そして通常より安い取引手数料です。証券会社の窓口まで行くか、電話をすることで対面式の株注文しかできなかった頃と比べると雲泥の違いといえます。窓口の担当者が証券会社のコンピューターに注文操作を出し、そこで株取引が行われる仕組みでした。証券会社のコンピューターにインターネットで直接発注することによって、ネット株では大幅に人件費を削減しています。窓口を介さないので人件費がかからず、安い手数料で取引ができるのです。

人間相手に注文を出さなくてもいいので、人の声に左右されることなく少額からでも迷いながらでも、自分のペースで納得のいくまで考えながらでも、株売買の注文が出せます。初めてネット株に挑戦する人でも、人目を気にせず納得のいく取引を目指すことが可能です。

株のネット証券を口座開設して取引スタート

ネット株を始めるに当たさては、株取引をする証券会社を決めて口座開設手続きをしましょう。何はともあれ口座を開設しないと取引は始められません。使い勝手のよさそうな会社を見つけたなら、色々と口座を開いてみましょう。維持費や開設費用は無料のところが多いです。証券会社のサービスは、口座を開設して実際に使ってみないとわからないものもあります。

何も、最初から最後まで一つの口座を使い続けることはありません。ネット株の取引ではリスク分散のためにも複数の口座を持っていた方がいいので、積極的に新しい株取引サービスを試してみましょう。ネット証券会社に証券口座を開くだけで投資情報が手に入るところもあります。なるべく売買手数料の安い証券会社を選びたいものですが、その他にチャートの見やすさや取引画面の使い勝手なども重要です。手数料が安いネット証券会社、投資ツールや情報が充実しているところなど様々です。

ネット株の証券会社の株取引サービスは過熱気味で、情報サービスや手数料だけではありません。資産運用に役立つ便利なツールや、取引履歴、注文履歴をわかりやすく管理できる情報ページの提供、支払った手数料の一部がポイントとなりマイレージに転用できるなどのサービスもあります。

ネット証券会社の中には、プロのアナリストが分析した現在のマーケットの状況についてや、取引スタイルや株価予想のポイントなどをまとめているところもあります。様々な取引口座の中から、使いやすそうな取引スタイルや便利な情報サービスを使いこなしたいものです。

株の買い方

株価などニュースでは良く見ますが、実際に買う場合にはどうしたらよいのでしょうか。株の買い方を詳しくご説明します。最近では、株は銀行やコンビニの端末、そして今話題のインターネットでも買えるようになりました。証券会社では、店舗とインターネットの両方で取り引きが出来る「総合証券」とインターネットで株の取り引きをする「ネット証券」に分割されています。どちらの場合もまず、証券会社で口座を開設する必要があります。

口座を開設する前に、どこの証券会社にするのかを選ぶ必要もありますね。そして、購入資金を証券会社の窓口で渡し株を購入するのです。ネット証券は、自分の専用銀行口座に入金をします。入金をするとネット証券の口座に振り込まれるという仕組みになります。その先は、証券会社のホームページにアクセス、ログインをして、いつでもどこでも株の売買が出来るのです。ネット証券での最大の利点は、取り引き値がネット上でリアルタイムで見れることだということです。 売買の判断がスピィーディーになります。

株の買い方は人それぞれの判断です。買いたい銘柄・枚数は、自分で決めていかなければなりません。株を購入する際には、株のいろんな情報を集め、勉強をして、知識を身につけてから買うことをお勧めします。株の買い方売り方のノウハウを身に付けて、無理のない金額から始めてみましょう。

株を選ぶポイント

株を選ぶポイントはあるのでしょうか。初心者でも失敗が少ない株選びをしたいものですね。資金投資をする以上、株価が上昇する見込みの高い株を選び抜いて買いたいものです。銘柄選びの判断は、なるべく大きい会社か、成長しつつある会社を調べておくことです。会社の出す資料だけでなく、ネットや新聞などで積極的に情報収集をしてよさそうなところを探しましょう。革新的な商品を出した会社や、順調に売り上げが伸びている会社は株価も上昇しやすいです。

いつが買い時かを知ることは初心者には難しいですが、チャートをよく観察して買うべきタイミングをはかり、チャンスを確実にとらえましょう。売りのタイミングも買いの時以上に大変になります。そこそこの高さで利益確定をしておかないと、いつの間にか損が出ていることも少なくありません。時には、持っている株は見切りをつけ、よりよい株を探すべきかもしれません。株の購入は会社別に最低購入枚数というものが決まっており、単元株数以下での売買はできない仕組みになっています。ほしい銘柄を見つけてもすぐには買い込まず、最初に最小枚数を買ってみるという方法もあります。

一番大事なタイミングが来た時に取り逃さないよう一度に投資しすぎない方が賢明です。株の急騰・暴落の可能性は常につきまうと以上、運に頼る場合もあります。けれど買ってから後悔しないよう、しっかり考えて銘柄を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする