【FX取引】ロスカット・証拠金とは?分かり易く解説


ロスカットとは証拠金維持率が基準のパーセントを下回ってしまうと保有しているポジションが強制的に決済されてしまうシステムのことです。

なぜ証拠金維持率が基準のパーセントを下回ると強制的に決済されてしまうかというと、相場が急激に動いてしまった場合ロスカットがないと大きな損失を被ってしまうこともあり、一定金額以上の損失を防ぐためにもロスカットが行われます。ロスカットがされてしまう証拠金維持率は各FX会社によって様々ですが、日本国内のFX会社だと約50パーセント前後でロスカットされてしまうことが多いです。

さらに証拠金維持率が100パーセントを下回ってしまうと、一定期間内に証拠金維持率が100パーセント以上になるように入金をしなければロスカットをされてしまうこともあるので注意が必要です。

証拠金とはFX会社に入金されているお金のことで、そのお金を使ってFXを取引することができます。自分がFX会社に入金した分のお金が証拠金として扱われ、取引で損益が出るたびにその証拠金は増えたり減ったりします。

ロスカットの基準となる証拠金維持率は「有効証拠金÷取引証拠金」で計算することができ、この計算式での値が証拠金維持率としてパーセントで表されます。有効証拠金とは現在取引可能な証拠金の事で、取引証拠金とは取引に使っている証拠金の事です。

例えばFX会社に10万円入金して1ドル100円の時に1万ドル取引をしたとします。レバレッジは25倍まで可能な設定にしていた場合、1万ドル分の円である100万円にレバレッジの倍率である25を割った4万が取引証拠金となります。有効証拠金の10万円から取引証拠金の4万円を割った数字である250パーセントがこの時の証拠金維持率です。

このように証拠金とはFX会社に入金をしているお金のことを言い、ロスカットとは証拠金維持率が一定数を下回ると強制的に持っているポジションが決済されてしまうことで証拠金維持率は「有効証拠金÷取引証拠金」で求めることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする