会社が給料を払ってくれない!【未払賃金立替制度】とは?

未払賃金立替払制度というのは働いていた会社が倒産等した場合に働いていた時の賃金が未払いになる事があります。
それで賃金が未払いのまま退職した時に賃金の支払いの確保等の法律によって支給されるものです。

その時に賃金の一部が支給してもらえます。

【受け取れる条件等】

では、この未払賃金立替払制度はどういう条件を満たせば支給されるかというとそれには会社が破産手続き等をしてもう事業の継続が不可能と労働基準監督署の認定を受ける必要があります。

つまりいくら労働者が会社から未払賃金を受ける事ができないと言ってもすべての場合でこれが利用できる事はないです。
そしてこの未払賃金立替払制度を使うには事業者が1年以上の期間労災保険の適用業者である必要があります。

またこれを使って未払い賃金の立替を受けるには会社が倒産の認定の申請をする前の6か月前から2年以内に会社を辞めている
必要があります。そうしないといくら未払賃金があっても条件を満たした事にはならないので立替払いを受ける事はできないです。

そして退職の6か月前から立替払い請求日までの間にその賃金の支払い期日がないといけないです。
そうでないとこれを利用できないです。

https://strongpoint-ch.com/category/money/moraeru/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする