インフルエンザの予防接種のお金がでるの?【任意予防接種 助成制度】とは?

子供の予防接種にかかる代金について、公的な助成金を受け取れる制度です。
代表的なものとしては、インフルエンザの予防接種が挙げられます。他には、おたふくかぜ、ロタウイルス、B型肝炎なども対象となっています。対象となる予防接種の種類や年齢などはそれぞれに異なるので、各自治体のホームページなどで確認をした方が安心です。助成してもらえる回数も、予防接種の種類によって違っていますので要注意です。

また、接種したことによる効果や副作用の有無などについて、納得してから受けましょう。ネットで調べた知識だけで満足せず、医師への相談などもした上で接種してください。

【受け取れる条件等】

接種時には、医療機関にまず自分で料金を払います。
次に、助成金をもらうための申請書を準備します。自治体のホームページからダウンロードできるようにしてあるところも多いですよ。

その申請書に、医療機関で領収書を添付し、自治体に提出することで助成金を受け取ることができます。申請できる期間は、接種を実施した日から1年になる月の末日までです。期間外の時期に申請しても助成金を受け取ることはできませんので、必ず申請期間のうちに手続きを済ませましょう。

https://strongpoint-ch.com/category/money/moraeru/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする