【ソニー銀行カードローン】コンビニでも利用手数料無料が魅力

ソニーと三井住友銀行などが出資して誕生することになったのがソニー銀行となります。インターネット環境の深化を見越して2001年に設立、翌年にはネット銀行初となる住宅ローンを開始したり、外貨預金や投資信託を行いやすいサービスを充実させている特徴があります。

全国の提携ATMやコンビニエンスストアにてキャッシュカードが使えるのと同様にカードローンの借り入れや返済も簡単に行え、低い金利と広い枠にて幅広い方のライフプランをサポートしています。

ソニー銀行カードローンの3つの特徴

ソニー銀行の特徴1 ネット銀行だけに実現可能な低金利で利用者により使いやすいサービスを提供

ネット銀行の強みはやはりコストカットによる利用者へのサービス還元となり、ソニー銀行のカードローンでは2.5%~13.8%の低金利が適用、最大で800万円までの融資に対応しているのです。さすがにこの金額目一杯まで借りることができる方の属性というのはかなりハイランクで、通常のサラリーマンでは難しいかもしれません。それでも100万円程度までは正社員であればおそらくどなたでも利用ができ、その際の金利は9.8%となります。

これは通常の消費者金融ではほとんど実現不可能な低金利であり、おそらく他の銀行カードローンであっても出し入れ自由な商品ではなく返済のみの借り換えローンでなければできない数字です。
ただし今現在他社に借り入れがあったり、過去に延滞などを繰り返してしまった方は審査が厳しくなる傾向があるので注意が必要です。

ソニー銀行の特徴2 ウェブ完結の申し込み、急ぎの融資にも対応可能

ネット銀行のカードローンですのでもちろんパソコンやスマートフォンによる申し込みがメインで、どこかに出向く必要がありません。返済口座はソニー銀行円普通預金口座ですが、ローン申し込み時にその口座開設も同時に行うのでまだ取得していない方であっても安心です。

審査に通ると通常は一週間程度でキャッシュカードやカードローン専用カードが郵送されるのですが、初回の振り込みを今現在持っている他行の銀行口座に設定することもできるのでカードが届く前に借り入れできるのも特徴です。

ソニー銀行の特徴3 正社員だけでなく様々な属性の方が借りられる またチャットで分からないことを教えてくれる

最大で800万円の融資となると魅力ですがそこまで借りられる方というのは少なく、また返済も長期となってしまいます。ソニー銀行カードローンは幅広い方に向けたサービスですので10万円といった少額融資から対応でき、借りることができる方も正社員だけでなくパートやアルバイト、また学生であっても大丈夫なのです。

利用明細書が自宅に送られることもないので家族にバレることはないですし、借り入れや返済時には手数料がかからないのも大きなメリット。

また特筆すべきは24時間365日分からないことを相談できるチャットサービス「チャットボット」であり、これによってネット銀行の課題とされていたきめ細かで丁寧な説明もできるようになったのです。

ソニー銀行カードローンはこんな方におすすめ

ネット専用銀行として誕生したソニー銀行が提供するカードローンは10万円から最大で800万円までの融資に対応できるとしてサービス開始以来多くの人が利用しているたいへん優れたローン商品です。他行では借り換えローンでもなければ実現不可能な数字が適用されており、また申し込み手続きは非常に簡単ですべてがネット完結、利用した後に明細書が送られてくる心配もありません。

コンビニエンスストアでの利用であっても手数料が無料ですし、また分からなくなったことはチャットにて気軽に尋ねることができるのもネット銀行らしいサービス。これからカードローンを始めようとしているすべての方におすすめできると言えるでしょう。